語り部さるたのおすすめ日本の釣り魚 100選

日本の海で釣れるさかなを生態、釣り方、そして食べ方までを紹介しています

針掛かりすると強烈なえら洗いで対抗する ”すずき ー鱸ー”

f:id:pcpisjp:20210410/20210410112524j:plain

すずき

 

 生態:北海道南部以南の日本各地の沿岸に生息。

潮の薄い河口や内湾などに多く、河川などのかなり上流部まで生息する。

成長するにつれて名前の変わる出世魚で、

30cm以下はセイゴ、50cmまでをフッコ、と呼ぶ。

 

セイゴクラスの幼魚は内海や汽水域に群れているが、成長するにつれて群れが小さくなり沖に出ていく 体長は最大1m・10kgになり、成魚は淡い紺灰色で、幼魚期には黒点があるが、成魚になると消失する。

 

 釣り方:魚食性が強く、ルアーの恰好の対象魚となっている。

岸からのキャスティングでは潮通しのいい防波堤の先端とか、川の河口付近が狙い場で夜釣りの方が釣れる。

 

また、生き餌による釣りもある、どじょうやエビ、シコイワシを付けて釣る。

 

針に掛かってから取り込むまでが難しくエラブタは鋭利な刃物のようで、「エラ洗い」と呼ばれる様に、水上で頭を振って鋭いエラブタで糸を切ってしまう。

 

 食べ方白身の魚で、どんな料理にもあって旨い。 夏場は、脂ののりがいいので、薄造りして氷水に入れる洗いが良い。

 

 水気を切って 氷を敷いた器に盛ると非常に旨い。

 

冬など脂乗りが悪い時は、煮付け、ムニエル、塩焼きが良い。

 

f:id:pcpisjp:20210410/20210410112838j:plain

すずき

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

砂浜からの投げ釣りの定番 ”しろぎす ー白鱚ー”

 

f:id:pcpisjp:20210410/20210410111200j:plain

しろぎす

 

 生態:北海道南部以南の浅い砂底の海に生息。

全長は20~30cmで産卵は初夏。

口が小さく前に突き出ていて、砂底にひそむ獲物を探して捕食する。

 

体は細長い円筒形で、細かいザラザラのうろこにおおわれている。

体側は光を反射して美しく輝く。 砂底の浅い海に生息するが、河口の汽水域にもよく侵入する。

 

特に夏場は海岸のごく浅い場所までよってきている。

水温の下がる冬場は水深20~30mの深みに落ちる。

 

 釣り方:釣り方は、投げ釣り、船釣り、ボート釣りなどが一般的。 初夏になると浅場移動するため釣りやすくなる。

 

投げ釣りの場合、沖一杯に投げたら、ごくゆっくりと仕掛けを引いてきて餌を動かし続けると良い。

船やボートでの場合でも、仕掛けを投入してから、動かさないでいるとメゴチやベラなどの外道が釣れてしまうので、やはりゆっくり引いてくる釣り方がシロギスを釣る場合効果的になってくる。

 

 食べ方:淡白で透き通るような身が特徴。 てんぷらのネタとしてが一般的だが、 30センチ程の大型の場合、塩焼きにすると非常に旨い。

また、3枚におろしてから、身を細作りにする刺身もさっぱりして独特の香りがあって旨い。
 

f:id:pcpisjp:20210410/20210410111841j:plain

しろぎす

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

他のフグ同様に毒のあるフグ ”しょうさいふぐ ー潮際河豚ー”

f:id:pcpisjp:20210321/20210321120830j:plain

しょうさいふぐき

 

 生態:体側は平滑でトラフグのような、小さな棘はなく体色は暗緑褐色地に白い斑点が散在し、腹面やしりヒレが白色で尾ヒレの下縁が白いのが特徴となっている。

体長は30センチ未満で、産卵期が日本産ふぐの中では 一番遅く、6~7月頃。 肉、精巣は食用となるが、その他は有毒。

 

 釣り方:東北地方以南の日本全国に分布するショウサイフグは20㎝前後が普通で最大級は35㎝。

ほぼ周年釣れるが寒い時季に味が良く、初冬から春先までの船釣りの好ターゲットである。

釣り方には食わせ釣りのほかカットウ釣りがある。

釣り方は、仕掛けを投入し着底したら素早く糸フケを取り、道糸がピンと張っている状態にする。

アタリは極小さく竿先に出るので、竿先に違和感があったらアワセを入れてみると良い。

アタリが無いようなら、空アワセを入れて見るのも一手。

 

 食べ方毒性はマフグと同様、内臓、卵巣、皮、そして身にも弱い毒があるので、 調理は必ず調理師免許のある者がするようにする

身は水分が多いので、三枚におろしてからふきんにくるみ寝かせてから使うとよい。 刺身はとても旨く、唐揚げ、鍋物、塩焼きなどにもなる。

 

f:id:pcpisjp:20210321/20210321121142j:plain

しょうさいふぐ

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

ググッと鳴く ”しまいさき ー縞鶏魚ー”

f:id:pcpisjp:20210321/20210321120002j:plain

しまいさき

 

 生態:沿岸の砂底域などにみられ、しばしば河川の汽水域にも侵入する。

小さな群れをつくって行動し、底生棲の無脊椎動物や小型の魚類などを餌としている。

体は細長く、体側には4本の黒色縦帯と、その間にも細い縦帯があり、この細い方の帯は、成長すると共に鮮明に現れるようになる。

うきぶくろを伸縮させて「ググッ」という音を立てる。

 

 釣り方:コトヒキと同じように汽水域に生息するので、川の河口域はもちろん、川の流れの影響があるような堤防などで釣れてくる。

脈釣りやフカセ釣り、ウキ釣りなどでも釣れてくるが、投げ釣りが最も釣れ手来る。

また、メバルなどを堤防からワームで釣っていると掛かってくることもある。

 

 食べ方白身で淡白な身をしている。

塩焼き、煮付けで食べられるが、あまり美味しい魚ではない。

夏場の大きいものは意外と美味しい。

f:id:pcpisjp:20210321/20210321120252j:plain

しまいさき

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

刺身が絶品な高級魚 ”しまあじ -縞鯵ー”

 

f:id:pcpisjp:20210227/20210227110044j:plain

しまあじ

 

 生態:魚体はマアジよりも体高が高く、体色は背側が青緑色、

腹側が銀白色。

体側の中央に走る幅の広い黄色の線が特徴で最大で全長 1.2 m 程度、体重 18kgにもなる。

暖かい海の沿岸部の水深200m までの海に生息するが、湾内や汽水域などにもいる。

ブリやヒラマサなどのいわゆる青物に似ているが、それらより体高があり、唇が分厚い。

アジ科特有のゼンゴがある。

生息域は岩礁帯か砂礫底とバラ根が混じり合った沿岸近くで、エサを食べるときは嘴を延ばして砂ごと吸い込み、エサだけを飲むと砂などは吐き出す。

 

 釣り方シマアジの釣りは磯か船からとなる。

コマセによって魚を寄せて釣る釣り方になる。

目が非常に良い魚なので、ハリスを太くすると食いが落ちてしまうが力が強く岩礁帯で釣るためにハリスを切られてしまう事が多い。

おまけに唇が弱いので、強引に引くと唇が切れてバラス事もたびたびある。

船から釣る場合、短いハリスで誘い上げながら食わせる。

仕掛けを海底まで降ろしたらコマセを振って誘いを掛ける。

底すれすれ、3m上、6,7m上、時には10m上まで誘い上げるが、それぞれのタナで静止させるのがコツだ。

 

  食べ方:アジの仲間で最も美味しいとされている高級魚。

普通は2~3kg程度までのものが美味しいとされていて、 刺身・寿司ダネ・塩焼き・照り焼きなど、どんな調理法でも旨い。

特に刺身は絶品。

 

f:id:pcpisjp:20210227/20210227110412j:plain

しまあじ

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

夏のゲームフィッシングの定番 ”シイラ -マヒマヒー”

f:id:pcpisjp:20210227/20210227105003j:plain

シイラ

 

 生態黒潮系の回遊魚で、成長と共に大きくなるオスの異様に張り出した前頭部が特徴的。

体は金色に光り、濃い緑色をしている。最大で体長2m、体重40kg近くまで大きくなる。

小型の魚類、動物性プランクトンを主食とし、甲殻類イカなども食べる。

浮いた流木や海草やゴミといった障害物に生息する小魚などは容赦なく食い尽くし、共食いもするほどで、その獰猛な性格によりゲームフィッシングの好ターゲットとなっている。

 

 釣り方:カツオやマグロと同じく黒潮に乗って回遊してくるものを、

ルアーやトローリングで釣る。

流木などの浮遊物の陰に隠れて小魚などを襲う習性があるから、ポイントはこうした物の周囲や、海鳥が群れたいわゆるトリヤマの付近である。

 

 食べ方:皮とそのまわりに生臭さがあるので、荒塩をふり、タワシでよく洗いウロコは小さくても丁寧に除くことがポイント。

また、どんな料理にするにしても、皮はひいてしまった方がよい。

刺身は薄目の平造りがよく姿に似ずなかなか旨い。

また、照り焼き、ムニエル、バター焼そしてフライで洋風のタルタルソースなどをそえると美味である。

f:id:pcpisjp:20210227/20210227105310j:plain

シイラ

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

秋、脂ののった塩焼きは最高 ”さんま -秋刀魚ー”

 

f:id:pcpisjp:20210214/20210214103915j:plain

さんま

 

生態:一年魚で40cm程度になる。


夏にはオホーツク海を、冬には沖縄近辺を大群で回遊する。


秋になると産卵のために本州の太平洋岸を親潮に乗って南下して、 9月から10月に三陸沖を通過、11月には銚子沖に達する。


この間に動物性のプランクトンを食べ続け、10月下旬には脂質含有量が20%に達し、いわゆる秋の 最高に脂ののったサンマになる。

 

釣り方:遊魚船から本命として狙っていることはほとんどない。


群れが廻ってきたときにコマセカゴをつけたサビキで釣る。


年によっては、大量のさんまが、沿岸の近くや港湾の奥まで入ってくることがあるので、堤防などから大量にサビキで釣れることがある。

 

食べ方:旬の脂ののったものは丸ごと焼いて大根おろしで食べるのが一般的。


この時期のものは余りにも脂が多いので、刺し身にするとしつこい感じがするので、 酢締めにしたほうがすっきりと食べられる。


8月下旬から9月ころのさんまは、脂ののりが少ないので、そのまま焼くと身がボソボソしている。 刺し身で食べるか、煮物のほうが良い。

 

 

f:id:pcpisjp:20210214/20210214105102j:plain

さんま

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

春を告げる魚 ”さわら -鰆ー”

 

f:id:pcpisjp:20210213/20210213164642j:plain

さわら

 

 生態:北海道南部以南の日本沿岸に広く分布しており、体色は一般に灰青色で、体側には青褐色の斑点が縦に並び、第1背びれの棘が19~20もある。

ほぼ1年中北海道以南の日本近海で捕れるが、暖海魚なので冬場は東シナ海が主漁場となる。

九州、関東、山陰等でも1~2月に漁があり、これを寒鰆という。

2~3月を土佐沖、3~4月を紀州、東海と回遊し、水温が15度近くになる(5~6月)になると産卵のために近海に入ってくる。

また秋~冬にかけて外海に出て行く。

 

 釣り方:群れの足が速く、遊魚船から本命として狙っていることはほとんどない。

釣り方は、メタルジグ等での釣りになる。

イナダやカツオなどのカッタクリなどの外道として釣れてくることが多い。

また、サーフなどからのキャスティングでも釣れてくる。

カツオやカジキマグロなどのトローリングの外道としても釣れてくることが多い魚である。

 

 食べ方:肉質は白身でやわらかく淡白だが、血合があるので青魚の味わいも楽しめる。

鮮度の良いものは刺身が、とにかく旨い。

その他に、 身が軟らかく身割れし易いため、味噌などに漬ける時は少し長めに漬けるのがコツ。

また、酢漬けにして押し寿司にする。

塩焼き、照り焼き、味噌漬けなどにして食べるのが一般的。

煮付、かぶら蒸などの蒸し物、フライなどにしても美味。

また、身にはEPADHA等が多く含まれ、血栓の予防などに良いといわれている。

珍味とされているカラスミは、今ではボラの卵巣が一般的だが、もともとはサワラで作っていたといわれている。

 

 

f:id:pcpisjp:20210213/20210213164944j:plain

さわら

 

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

下あごが突出して赤い、細い魚 ”さより ー細魚ー”

f:id:pcpisjp:20210207/20210207173930j:plain

さより

 

 

 

 生態:表層を群遊する魚で、海水塩度の薄い汽水域にも進入してくる。

川を上流まで上ってくることもある。

アゴがヤリのように突き出していて、先端が赤い。 最大級は40㎝くらいに成長。

産卵期は初夏で、より浅瀬に乗っ込んでくる。

 

 釣り方:比較的に岸近くの表層を群れで泳いでいる魚なので、堤防や磯からの浮き釣りになる。

アミコマセを足元にまいて、群れを寄せたら、仕掛けをコマセに同調させるように流して釣る。

浮き下は、半ひろ程度と浅くするのがコツ。 大型を狙う場合は、沖めをコマセカゴを付けた仕掛けで釣るのが良い。

 

 食べ方:低脂肪で魚類では珍しくビタミンCを多く含む魚である。

サヨリの腹の中の黒い部分は、苦味のもとになるので、よく水洗するか、すき取る。

刺身は、糸つくりが良い。

揚げ物、椀物もよく、身がさっぱりしていて旨い。

また、塩を薄く振ってからの一夜干しも、甘みが出てきて旨い。

 

 

f:id:pcpisjp:20210207/20210207174148j:plain

さより

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

瀬戸内海の名物、ままかり ”さっぱ ー拶双魚ー”

 

f:id:pcpisjp:20210207/20210207173220j:plain

さっぱ

 

 

 

生態:北海道以南の日本各地に分布。瀬戸内海や東京湾など砂泥底の広い内海を好み、プランクトンを捕食している。

最大でも15㎝程度にしかならないが、中南米に棲む巨魚ターポンと同じ仲間。

サイズこそ大幅に異なるが、同じように貪欲に餌を貪る。産卵期は春から夏。

 

 釣り方:大群をなして河口に押し寄せてくる真夏が釣りの最盛期で、堤防などからのサビキ釣りで狙う。

コマセに敏感に反応するが、盛期にはコマセが必要ないほど活性が高まる。

イワシや小アジと同じように簡単に釣れるが意外と人気が薄く、五目釣りのターゲットの中の1種として雑魚扱いされることが多い。

内湾の船釣りでも簡単に食うが、これも専門に狙うことはほとんどない。

 

 食べ方:近似種のコノシロは鮨ネタとして酢締めにしたり、酢の物として浸透しているが、本種を酢漬けにしたママカリも瀬戸内海の名産品。

 

f:id:pcpisjp:20210207/20210207173358j:plain

さっぱ

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

川に遡上して産卵をする代表的な魚 ”さけ -鮭ー”

f:id:pcpisjp:20210131/20210131122525j:plain

さけ

 

 

 

生態:本州北部から北海道の川で産卵する。

孵化した稚魚は川を下り海に出て、3~5年程海で過ごした後、生まれた川に帰って産卵する。

全長は80センチ前後となる。

オスは上下の両アゴが伸びて曲がって鼻曲がりと呼ばれる状態になる。

産卵・放精後は、数日以内に寿命が尽きて死ぬことが多い。

 

 釣り方:時期が、8月下旬~12月までと限られた釣りになる。

釣り方は、投げのぶっ込み釣りが一般的で、海岸からかけあがりの際に魚の身餌さを付けた仕掛けを投入して、あたりを待つ、掛かった後の引きは強烈で、走りまわるので取込が重要。

また、船からの釣りもある、群れが廻ってくるのを待って、身餌さや、ルアーで釣る。

この場合も強烈な引きをどうかわして取り込むかが重要なテクニックになる。

 

 食べ方:川に入って来てしまったサケは、食用にならない。

海で取れたサケは、どんな料理にしてもうまい。

刺身は、一度冷凍にしたほうが旨みも増すし、サケに寄生する寄生虫も消滅できる。

焼き物、鍋物何にでも使える。

卵は、醤油や塩に付けて食べると非常にうまい。

f:id:pcpisjp:20210131/20210131122823j:plain

さけ

 

 

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

春に釣れる真鯛とは別魚 “さくらだい ー桜鯛ー“

 

f:id:pcpisjp:20210127152840j:plain

さくらだい

 

 

 

生態:水深15~70mの岩礁に群れてすんでいる。体長は14cm位。

メスからオスに性転換する魚で、メスは背びれの中央部付近に黒い模様があるが、オスに変わると黒い模様がなくなり、体側に桜の花を散りばめたような模様が出て、背鰭第3棘が長くなる。

 

 釣り方:船釣り外道として、よく釣れてくる。 本命として狙うことはまず無いので、仕掛けなどは固有のものは無い。

 

 食べ方:型も小さく身が水っぽいのであまり食べられる事が少ないが塩焼きや煮魚にすると食べられなくはない。 かまぼこの材料として使われることがある。

f:id:pcpisjp:20210127153039j:plain

さくらだい

 

 

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

死んでも毒針は生きている、危険な魚 “ゴンズイ ー権瑞ー”

 

f:id:pcpisjp:20210125152534j:plain

ゴンズイ

 

 

 

生態:沿岸域に分布する。

体側には縦に走る2本の黄色の線があり、第1背びれの前方と胸びれの上方に、毒線のある、するどいトゲがある。

群が密集するいわゆるゴンズイ玉を作って海底をゆっくり移動する習性がある。

嗅覚・味覚が発達していて小動物や小魚を食べる。

トゲは海の中で泳いでいる状態では刺すことはなく、うかつにつかむと刺される。

夜行性で、産卵期の夏には夜釣りで釣れる。

死後も、毒バリは生きていて、素足や素手で棘に触れると毒に侵される。

 

 釣り方:磯や堤防からの夜釣りで、よく釣れてくる。

本命として狙うことはまず無いので、仕掛けなどは固有のものは無い。

毒のあるトゲが死んでからも効力があるで、夜釣りで釣れた場合不用意に置いておくのは危険。

 持ち帰る場合は、不注意でふれないように保管し、そうでない場合は、海に戻すのが良い。

 

 食べ方:3本ある毒針を根元から切り取ってから内臓を取りだす。 体表面にヌルがあり、これが臭みを出すので塩でもんでから流水で洗う。

蒲焼、天ぷら、味噌汁にすると意外と旨い。

f:id:pcpisjp:20210125154048j:plain

ゴンズイ

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

寿司ネタでは、コハダとよばれる “このしろ ー鮗ー

 

f:id:pcpisjp:20210121154403j:plain

このしろ

 

 

 

生態:沿岸域に分布する。

背びれの最後は長い糸状となり、腹びれは背びれの下方にある。

鰓蓋(えらぶた)の上後方に大きな1黒斑(こくはん)がある。

1年で15cmに成長し成熟する。

食用だが小骨が多く成長すると25cmほどになる。

姿形のよく似た魚にサッパがあるが、サッパにはコノシロに見られる、えらぶたの後ろにある黒斑がないことで区別できる。

コノシロは、主に海の表層から中層にかけて群れを作って生活している。

沿岸性で、秋から翌春にかけては内湾に入ってきて海底の泥中の小動物や有機物、植物プランクトンなどを餌にする。

産卵期は4月~6月で、このころには大きな群れを作って産卵に適した海域に移動し、浮遊卵を生む。

 

 釣り方:堤防や磯からのサビキ釣りで釣る。

アミコマセのカゴにサビキをセットして、オモリを一番下につけ、オモリが底に着いたら、リールを2回ほど巻いてから軽く竿をあおってコマセを出す。

そのあと、サビキがコマセの中に入るようにリールを巻いて待つ、竿先を少々ゆらしてサビキを躍らせて誘うのも効果的になる。

竿先にアタリがあってもあわせはしない、そのままゆっくり巻いてくるようにしないと、針が魚から外れてしまうことが多いので注意が必要。

 

 食べ方:小骨の多い魚だが、酢漬けにすると骨が軟らかくなり、骨ごと食べられる。

内臓は臭みが強いので、薄い塩水で丁寧に洗い流してから調理をする。

刺身や鮨種にする時は10cmくらいの方が小骨が気にならず、これを酢で軽く締めてから用いると独特の臭みが和らぐ。

塩焼きにするには大きめのコノシロを使うと味が良い。

関東ではコハダとよばれ,寿司だねとして人気がある。

f:id:pcpisjp:20210121154854j:plain

こはだ

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************

ハリスを細くして釣る、美味しい魚 “くろめばる ー黒目張ー

 

f:id:pcpisjp:20210120161323j:plain

くろめばる

 

 

 

生態:生息する場所で体の色が違い、浅海のものは金色地に黒っぽいしまが多い。

沿岸の岩礁域で群れをつくって泳いでいる。

水温が高いうちは浅場に、冬になって水温が下がると深場に移動する。

めばるは卵胎生で、卵でなく仔魚を産む。

 

 釣り方:浅場での釣りになるクロメバルはハリスは細くし、ハリなども刺さりのいいヤマメバリなどを使う。

目がよく、太いハリスだと寄ってこないようだ。

生きイワシをつけて釣る、イワシメバル釣りが最近の主流となっている。

また、ルアーにも食いついてくることから、堤防からのルアーフィッシングも盛んである。 

 

 食べ方:ウロコが固くて取りにくく背びれが鋭くなっているので、ウロコを取るとき手を背びれに刺さないように注意する。

煮付けがなんといっても旨いが唐揚げも美味。

一度煮たメバルを冷ましてから焼くと非常に旨い。

刺身も プリッとした身でほんのり甘みがあり旨い。

f:id:pcpisjp:20210120161928j:plain

くろめばる

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************